【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

MENU

外壁塗装の相場を知ることで良い業者を見つけることが出来る

建物
塗料
坪数
築年数
階数
相場
目安として参考にしてください

塗装工事費をもっと安くする方法とは


どうしても、塗装工事費を安くしたい!! と、思っているなら相見積りをしてください。


これで、間違いなく塗装工事費を安くすることが出来ます。


塗装工事費を安くする流れ

  1. 出来るだけ評判の良い業者を最低3社から見積もりを取る
  2. 見積もりの内容を比べて判らないところがあれば全て質問してクリアする
  3. 最終的に1社に絞り、綿密な打ち合わせをする
  4. なっと行かなければ、再度1~3を実行する
  5. 契約

塗装業者を見つけるのがめんどくさいと思いなら、一括見積もりサービスを利用すれば簡単に複数業者の見積もりを取ることが出来ます。


おすすめの一括見積もりサイト
  名称 おすすめ度 特徴
ヌリカエ おすすめ外壁塗装業者 自社施工管理が出来る業者を紹介!
リショップナビ おすすめ外壁塗装業者 厳選された優良塗装業者のみと提携している一括見積もりが出来る!
外壁・リフォームNavi おすすめ外壁塗装業者 平均55万円お得に外壁塗装・リフォームが出来る!?


目次 []


上記に簡易的な、『外壁塗装相場見積りシミュレーター』を作ってみましたが、実際の工事には様々な条件がありますので金額は変わってくると思います。

なので、あくまで参考相場額としてみてください。


外壁塗装の相場というのは、本来は建物の状態によって大きくことなるので、簡単には言えません。

私は以前、自宅の塗り替えをする時に相談した数社の外壁塗装業者に見積もりを依頼したのですが
外壁塗装業者によって金額が全然違うことにビックリした経験があります。

それから、素人ながらネットや書籍で外壁塗装の相場についていろいろ調べて何が正しい数値なのかを身につけました。

外壁塗装は、けして安い工事ではありません!

建物によっては、数百万円になるものもあります!

なので、もし外壁塗装をお考えの方は、少しでも正しい外壁塗装の相場を理解して、良い業者さんに依頼してください!

このサイトは、私が自宅を塗装した際に学んだ経験やその時依頼した地元の塗装業者さんから聞いた業界の裏話などから、まとめてみたサイトです。

まずは、正しい外壁塗装の相場を学んでいただければ幸いです!



なぜ、自分の家の相場を知る必要があるのか?


外壁塗装工事費は、塗料代以外はほとんどが人件費!

塗装現場での作業のやりやすさや立地場所による工数増などにより、工費は大きく変わってしまいます。


ただし、目安となる塗装の相場をしっていれば、悪徳業者に騙されることや無駄な工費を抑えることもできるのです。

また、見積もりの内容を理解する上でも、塗装の相場を知っておく必要があります。

塗装の相場を知ることは、外壁塗装で失敗しないために必須なことなのです!


≪塗料の相場≫使う塗料によっても工事費が全然違う!?


外壁塗装で、もっとも金額が変わるのは使う塗料です!

安い塗料と高い塗料では、5倍以上の金額差も、、、

まずは、塗料の相場感を把握してみてください!

塗料の平米単価の相場表

塗料の種類 平米単価の相場
アクリル系塗料 1,000~1,200円/㎡
ウレタン系塗料 1,800~2,000円/㎡
シリコン系塗料 2,500~3,500円/㎡
フッ素系塗料 3,500~4,500円/㎡
光触媒・無機塗料 5,000~5,500円/㎡
遮熱・断熱塗料(ガイナ) 5,000~5,500円/㎡

塗料の種類は、さまざまです。

使用場所や耐久性など、条件によって選択することになりますので、どれを選ぶかは信頼できる業者と相談することをおすすめします。

また、塗料メーカーによっても変わってきます。




塗料の選び方としては、耐久性で選ぶことが多いです。

当たり前ですが、耐久性や機能性が上がれば塗料代も上がっていきます。

場所によって、使い分けることもありだと思います。

また、塗装業者によっては、提携塗料メーカーの塗料は安く仕入れらることもありますので、確認してみてください!

いずれいせよ、塗料選びは信頼できる塗装業者さんに相談して決めることになると思います!


外壁の塗装面積を自分で求めて、塗装相場を知ろう!


前途で、塗料の相場を学びましたが、ここでは外壁の塗装面積の求め方を説明します。

外壁の面積が分かれば、おおまかな塗装工費の相場を知ることが出来ます!
【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

外壁の面積 = 延坪 × 3.3(1坪=3.3m²) × 1.2(係数)


この計算式は、建物の坪数から簡単に外壁の面積が求められる計算式です。


最後の1.2は係数です。 係数は状況に応じて1.2~1.7をかけるそうです。 通常は1.2で大丈夫です!

なお、この計算式で求めた値は、あくまで概算ですので、実際には塗装業者が現場で測定した実寸をもとに計算することになります。

あくまで、相場値を求めるために利用しましょう!

外壁の面積計算例

外壁の面積計算式 計算後の面積
20坪×3.3×1.2 79.2㎡
25坪×3.3×1.2 99㎡
30坪×3.3×1.2 118.8㎡
40坪×3.3×1.2 158.4㎡
50坪×3.3×1.2 198㎡
80坪×3.3×1.2 316.8㎡



悪党業者・訪問販売員に騙されないためも塗装相場を知ること!


昔ほどではありませんが、まだ多くの悪徳業者がいるようです。 

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

よくある手口としては
  • 数十万円の大幅値引きを簡単にする
  • モニター価格だと言って、見積もりの半額を提示する
  • 相場よりも遙かに安い見積もりを出してくる
  • 今すぐだとお得だと言ってせかしてくる

このような話が出たら、まず疑ってください!


優良業者を見極めるのは意外と難しい?塗装業界の相場とは?


前途に書いたように、悪徳業者はすぐに契約させたがるや、簡単に大幅値引きするなど、結構わかりやすい場合があります。

しかし、優良業者を見極めるのは以外と難しかったりします。

地元の多くの塗装業者さんは、元は職人さんから独立した方が会社を設立して、大きくなった会社が多いです。

これが塗装業界の相場ですw


これは業界あるあるネタですが、、


基本的に、職人さんは無口で話ベタな人が多いので、一見して怖そうだったり無合いそうな感じにも見てとれます。

しかし、実際に仕事をお願いすると気持ちいいほど、しっかり・丁寧に仕事してくれることが多いのです!

人情もあり、見積もりには入ってなかったこともついでと言ってやってくれることもあります!

こういった、優良業者さんは、だいたい口コミや紹介で仕事が成り立っていることが多いのです!

なので、実際に依頼した人に聞いて紹介してもらったり、塗装工事現場に行って仕事ぶりを確認するのもありだと思います。


優良業者のあるある


優良業者を見極めるのは非常に大切です。

以下のようなことをしっかり対応してくれる業者は優良業者とみていいと思います。

見積もりの段階で、何気なくチェックしてみてください!

優良業者チェック項目
  • 見積もり書の内容が細かく書いてある
  • 納期を伝え、しっかり納期を守る
  • 判りやすい説明
  • 職人のマナーが良い
  • 作業内容をその都度説明してくれる
  • 目視出来ない箇所をカメラやビデオで撮影して説明してくれる
  • 職人さんに伝えたことが担当者にキチンと伝わっている
  • カラーコーディネートを積極的にしてくれる
  • 近所への挨拶や対応がしっかりしている
  • いつも現場が奇麗に保たれている
  • 仕事終わりの片付けがしっかりしている
  • などなど


相場がわかったら試しに見積もりを取ってみましょう


30坪の相場がわかったら、次は試しに見積もりを取ることをお勧めします。

以下に、外壁塗装相場シミュレーターによって求めた相場額があります。

実際に、複数の塗装業者から見積もりを取って比べてみましょう!

そうすることで、あなたの家の塗装工事費のだいたいの費用がわかると思います。

外壁塗装相場シミュレーターによる相場額
※あくまで相場です、目安として参考にしてください!
20坪 フッ素系塗料 509,856円
30坪 フッ素系塗料 764,784円
40坪 フッ素系塗料 1,019,712円
50坪 フッ素系塗料 1,274,640円
50坪 フッ素系塗料 1,529,568円



見積もりに関するよくある疑問で


見積もりを取るには費用がかかるの?
見積もりを取ったら契約しなくてはならないの?


このような疑問を持っている方も多いようです。

たいていの業者は見積りは無料でしてくれますが、時間をかけて調査した見積もりになるかは業者次第となります。

外壁塗装工事における見積もりは、その塗装業者を見極める際に非常に重要なポイントとなります!

なので、詳細をしっかり説明できるくらいの見積もりを出してくれる業者を選ぶことが大切なのです!

更に、見積もりは必ず複数の塗装業者から取ってください!

でも、複数の塗装業者から見積もりを取ることは骨が折れる仕事になります。

見積もり途中で営業マンに押されて契約してしまった例も多いようです。


しかし

複数の塗装業者から効率よく見積もりを取る方法はあります!


それは、一括見積もりサイトを利用するのです!


一括見積もりサイトとは、ネットで簡単に複数の塗装業者に一括で見積り依頼が出来る大変便利なサービスです。

また、メリットも多いのが特徴です。

外壁塗装一括見積もりサービスのメリット


おすすめの『リショップナビ』や『外壁・リフォームNavi』、『ヌリカエ』サイトです。 
これらサイトには同時に複数の塗装業者に一括で見積りを出してくれるサイトです。

これらのサイトに登録されている塗装業者は、評判や口コミで評価が高い塗装業者のみが厳選されて登録されています。


【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫ 厳しい審査基準を満たした自社施工管理の塗装専門店から一括で複数の見積りを取ることができるサイトです。

  • 自社施工管理が出来る業者を紹介!
  • 金額も安く質の高い塗装
  • 専門アドバイザーがサポートしてくれる!

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫ 厳選された優良塗装業者のみと提携している一括見積もりサイトです。

  • 厳格な業者の加盟審査を実施!
  • コンシェルジュがぴったりの会社を選びます!
  • 安心リフォーム保障で安心!

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫ 全国500社以上から、厳選された塗装業者を紹介してくれます

  • 全国500社以上の外壁・リフォーム業者を紹介!
  • 平均55万円お得に外壁塗装・リフォームが出来る!?
  • 最大6社の業者に一括問合せが出来る!

どの、サービスも厳選された業者と提携しているので安心して見積り依頼出来ます。

見積もりを依頼したからと言って、契約する必要はありませんので安心してください。 もちろん、見積もりは無料です!


より安く!より優秀な業者で!外壁塗装を行うまでの流れ!


ここでは、外壁塗装工事を『より安く!』『より優秀な業者で!』外壁塗装を行うまでの流れを説明します。 この4ステップをしっかり押さえれば間違いなく失敗はしません! 

頑張ってくださいね♪


まずは、優良塗装業者から多くの見積もりを取ることがはじめてください。

STEP1 まずは一括見積もりサイトを利用して優良塗装業者から複数の見積もりを取る!


おすすめ一括見積もりサイトはこちら

STEP2 見積もりの内容を比べて判らないところがあれば全て質問してクリアにする!

SETP3 最終的に1社に絞り、綿密に打ち合わせをする!

SETP4 契約する!


>>おすすめ一括見積もりサイトはこちら<<


マンションの塗装なら

 

外壁塗装の費用は使う塗料や業者により変わってマンションなら戸建てより業者ごとの差が大きくなります。

 

平米単価3500~5000円ぐらいが一般的で、塗装工事時には足場を架設することが基本で、大きなマンションは足場を使わない無足場工法でされたりします。

 

これはお向上に器具設置してロープ、ゴンドラをつるして浮いた状況で塗装していく方法です。

 

足場仮設費用かかりませんが職人の技術が必要なところで、無足場工法で工事するとき塗装業者により見積額大きく変わったりします。

 

アパートの外壁塗装の検討してる方は複数塗装業者に見積もりとるのがいいです。

 

外壁塗装110番の一括見積利用なら1回の申し込みで複数業者に見積もり依頼が可能。

 

モルタル壁は昔の家でよく使われいた外壁材でこれはいろいろなデザインを作れ舞うが、ひび割れは損発生のケースが高くて最近の新築であまり見られません。

 

再インはサイディングが主流になっています。

 

これから建てる方はとくにこだわりなければサイディングにしておいてください。

 

これは金属系など主流で、ほかには木質や樹脂系もあります。

 

チョーキングは塗料の顔料が露出して触れば白い粉つく状況のこと。コケ、カビは放置しても問題ありませんが、みためきれいではないです。

 

 

>>【簡単】塗装見積りシミュレーター<<

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

 

 

塗装の耐久性について

 

新築から10年経過したら外壁塗装すればいいといわれていて、一回塗り替えしたら10年すれば塗り替えをして、外壁塗装1回の費用は100万ぐらいで10年に1回100万の出費あるのは大変です。

 

そこでだいじなことはなるべくいい状態で外壁を保つこと。

 

もっとも重要なのは塗膜のはがれ、ひび割れなど発生する前の段階で塗り替えていくことでサイディングならひび割れ発生すること少ないですが、塗膜のうきは発生します。

 

サイディングボードがむき出しになるぐらい劣化すればボードが雨水を吸って腐食原因となります。

 

外壁塗装で利用される塗料はグレードにより耐久性が異なり、そうしたものは金額があがってコストパフォーマンス優れたシリコン塗料利用する家が多いです。

 

ですが、10年後とシリコンで塗り替えれば20年後とフッ素で塗り替えるケースに比べてトータルフッ素のほうが安いことがあります。

 

サイディングは新築から40年すれば張り替え工事すること多いですが、張り替え回数増えるほど差がちぢまってきて、現時点で20年越える耐久性ある塗料はないです。

 

また30年以上持つオリジナル塗料売りにしてる塗装業者ありますが怪しいです。

 

外壁塗装は下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りが基本で、下塗り2回したり、上塗り3回することも可能。

 

で塗り回数増えていくと塗膜あつくなってそれだけ強い壁ができるのです。

 

日本ペイントのダイヤモンドコートなど高級塗料は4回塗り、5回塗りが基本。

 

 

>>【簡単】塗装見積りシミュレーター<<

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

 

 

塗装グレードについて

 

淡い色を選べば失敗はありませんが、カラーサンプルで見た色、実際塗った時の色は違ってその点注意しましょう。

 

多くの人はベージュ、白、グレーなどの優しい色を選び、ベージュ、白、グレーで7割を超えて迷ったらこの3つからえらびましょう。

 

ですが、家のほかのところの色、周りとの環境でなじむ色が変わりカラーシュミレーションを使用し色で後悔しないでください。

 

そして工事の途中で色変更なら塗装前でもすでに塗料購入したら新たな塗料の代金追加されることに。

 

既に塗装した後色変更するなら塗料代金、塗装費用がプラスされます。

 

外壁塗り替えをするときにどの塗料にするか迷ってしまう人が多いですが、塗料メーカーがいろいろな種類の塗料販売してます。

 

塗料のグレードですがアクリル、ウレタン、シリコン等あって基本シリコン、フッ素のどちらかでいいです。

 

水性や油性などは初心者のかたが自分で判断難しくて塗装業者にそれぞれの特性きいて決めてください。

 

実際数ある塗料の打ち自分で選ぶのでなく自分の家に合うような塗料を業者に複数ピックアップしてもらってそのうち選ぶ人が多いでしょう。

 

外壁塗装の現場は一戸建て住宅意外にマンション、倉庫などの塗装にもされていて、分譲マンションは修繕費積み立ててると思いますから、定期的に外壁、工場などの塗装してるはず。

 

 

>>【簡単】塗装見積りシミュレーター<<

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

 

 

外壁塗装のデメリットは

 

外壁塗装はメリットおおいですが、最も大事なことは外壁の耐久性挙がるといったことで、モルタルやサイディングなどどの外壁材の家であっても放置しておけば劣化してくるのです。

 

屋根、外壁は太陽光、雨風にさらされて徐々に劣化していき直射日光を浴びやすい屋根、建物南側は劣化しやすいです。

 

塗膜劣化が進んで太陽光、雨風が建物内部に入って木材、鉄など建物内部の劣化につながってしまい、その前に外壁塗装をすること。

 

最近特殊機能があると量が増えていて、遮断熱塗料を利用してあってもの内部へ熱伝導率下げてエアコン代節約が可能。

 

外壁塗装で利用する塗料は自分で選べて耐久性も大事ですが、気になるのは色。

 

ベージュ、グレー選ぶ方多いですが、今までの色と違った色を選んで家の印象が変わるのです。

 

家のイメチェンしたければ既存の色と違ったものにしてください。

 

外壁塗装のデメリットは渡航になくて塗装工事に費用かかるのがデメリットですが仮に塗り替えしなければ建物自体劣化して大規模リフォーム、建て替え必要となります。

 

建て替えしないことにより将来的に余計な費用が必要となり、やはり外壁塗装でのデメリットはありません。

 

建物は一度立てると何もしないで永久に持つのではなく、外の内もリフォーム必要になるわけです。

 

 

>>【簡単】塗装見積りシミュレーター<<

【東京版】外壁塗装相場が簡単に見積り出来ます≪無料≫

 

  • 外壁塗装

     

    外壁塗装相場

    プロが教える外壁塗装の費用相場について

    外壁塗装の費用の相場についての話になりますが、一言で申し上げるのは非常に難しいテーマとなっております。
    例えば、家の状態がとても良く、築10年ほどで塗装プランを立てているような住宅というのは、工事の項目も少なく、メーカーさんが提示している様な「教科書通りの塗装」をしていけば出来る塗装工事の内容となるため、こういった家ばかりですと相場がわかりやすいです。
    しかし、屋根や外壁の状態が悪いと、それによって工事の項目が増えてしまいますので、費用が嵩んでいってしまいます。
    とは言え、塗装費用を決めるための重要なポイントがあるので、これからわかりやすく解説をしていきます。

     

     

    同じ塗料でも費用相場が違う理由とは?

    一般的に塗料というのはシリコン、フッ素、アクリル、ウレタンとなりますが、耐久性の順に費用が徐々に高額となってしまいます。
    ですが、単純にこの4種類のなかで耐久性も費用の相場も相関しているのかというと、そうでは無かったところが少し難しい点です。
    一般的に良く使用されている「シリコン塗料」ですが、その中で大まかにいうと5種類に分類する事が出来ます。
    一般的にグレードが低いところから言うと、
    ・水性シリコンの1液タイプ(一般的に使用されているものです。)
    ・水性シリコンの2液タイプ。
    ・弱溶剤シリコンの1液タイプ。(水性から溶剤に変わった油性です。)
    ・弱溶剤シリコンの2液タイプ。
    ・強溶剤シリコンの2液タイプ。
    これはシリコン塗料に限ったものではなく、例えると他の塗料やウレタン塗料でも同じ事になります。
    基本的に「ウレタン」や「シリコン」でも、その中には5種類のレベルがあるという意味です。
    一番グレードが低い「水性シリコンの1液タイプ」と一番グレードが高い「強溶剤シリコンの2液タイプ」ですと、同じシリコンだとしても費用が全然変わってきます。
    耐用年数でみても、 「水性シリコンの1液タイプ」だったら10年。
    「強溶剤シリコンの2液タイプ」だったら15年と言われており、同じシリコンだとしてもこれだけの差が出てきてしまいます。
    そうなってくると、通常ウレタン塗料よりもシリコン塗料の方が費用の相場がグレードも高くなりますが、ウレタン塗料の中では最高グレードである「強溶剤シリコンの2液タイプ」と、シリコン塗料のなかでは最低グレードである「水性シリコンの1液タイプ」ですと、ウレタン塗料の方が費用の相場もグレードが高くなりますし、逆転してしまいます。
    お客様の中で、このような知識がある方はあまりいないので、「シリコン」と言われると当然「グレードが高い塗料」というイメージを持っており、「ウレタン」と言われると「そこそこのグレードの塗料」というイメージを持っているでしょう。

    ちなみに協伸のお客様のなかで一番多いのは、「光触媒」だったりシリコンの上の「フッ素」だったり「断熱塗料」で塗装される方です。
    やはり費用もですが、長い目で見ていく際「良い塗装」を「良い塗料」でした方が、トータルのコストを安く抑えることができるので、高いグレードを選択する方が多いと思います。

     

     

    費用を抑える為に値引きは有効でしょうか?

    外壁塗装の費用の相場を知りたいというお客様は、もちろん「安いけど良い工事」を希望されますが、大きな値引きには十分注意が必要となります。
    全ての訪問販売業者さんに適応するワケではありませんが、最初から250万円ほどの見積りを出す業者さんもいます。
    「今決めてくれたら100万円の費用を値引きしますよ」などと言われたのですが、どう考えてもそれっておかしいですよね。
    基本的に費用を抑えたい気持ちも分かるのですが、一般的な外壁塗装会社にも値引きを強要しない方が良いと思います。
    何故かというと、例えば、その外壁塗装の工事で行う予定の項目が30個あった場合、お客様から無理矢理値引きを迫られていると、やらなければいけない30項目を28項目にしてしまうことがあるからです。
    どこか「お客様には見えないところ」の工程を抜いてしまう会社もあるということです。
    なので、費用交渉を強制した場合、弊社では「他に頼んで下さい」とお断りしています。
    適正な工事をしなければいけないため、それだけの費用がかかってしまう事をご了承して頂きたいと思います。

     

     

    費用相場を3パターンでわかりやすく解説します。

    私達はプロなので、工事費用を聞いたら、その工事が一体どんな内容なのかが分かってしまいます。
    例えば、
    1・80万円の外壁塗装工事といったら、「色がついて綺麗にさえなれば良い」といったレベル。
    2・100万円〜120万円といったら、「家を守る塗装」のレベル。わたしたちが思う通常の塗装工事というのはこのくらいの価格帯です。
    3・120万円以上150万円未満となると、グレードが高い塗料や特殊塗料になってくるため、普通の工事だったら、120万円以上になる事はあまり無いでしょう。※ですが弊社ですとここが最も多い価格帯となります。※特殊塗料というのは、「光触媒」や「ガイナ塗料」、「フッ素無機」、「防水塗料」等を指しています。
    30坪から35坪ほどの一軒家だったら、この費用の相場はあまり前後しません。
    80万円前後の塗装費用というと、「色がついてとても綺麗になった」といった美観が目的である工事となります。
    100万円を超えてくる工事ですと、「お家を守る」といった外壁塗装工事になってきます。
    どんなに小さな住宅であっても80万円前後である外壁塗装工事とは、ほぼ美観のための工事と思って頂ければいいと思います。

     

     

    外壁塗装の費用相場を知る「設計価格表」は有効でしょうか?

    各塗料メーカーさんから「設計価格表」といった単価表が出ておりますが、「この価格よりは高くすることが出来ませんよ」といった価格表なので、比較的費用は高めに設定されております。
    多くのメーカーさんが出している価格表が300㎡以上ですが、「300㎡まではこの価格で抑えてほしいです」といった金額となっておりますので、住宅にはあまり当てはまらない価格となっているのです。
    通常外壁塗装の塗り面積で最も多いのが130㎡と言われていて、 屋根塗装の塗り面積は80㎡となっております。
    メーカーさんが出している費用なので、参考にするにはピッタリだと思います。
    そこから大きくかけ離れている見積り費用というのはほぼありえないので目安になるでしょう。
    細かく価格表を出してくれているメーカーさんでは「中塗りの費用」や「下塗りの費用」、「上塗りの費用」といった各々の費用の相場が出ています。
    では、この「設計価格表」のとおりに費用相場が決まるのかというと、最初の話に戻りますが、それはまずないでしょう。
    家の仕様と状態とで大きく変わってくるため、同じ塗料でも費用は変わるのです。
    例えば、下塗りは一回が基本なのですが、屋根や外壁の状態が悪くてここが二回となってくることもあります。
    もちろん費用は下塗り一回分と高額になってきますが、この下塗りを「やってくれないか」「しっかりやってくれるか」で外壁塗装工事は大幅に変わってきます。
    結局下塗り自体が、屋根や外壁の表面に「くっつくもの」と、表面だけではなくて下地を「固めてくれるもの」といttあ種類で構成されているため、状態が悪いと、表面にくっついているというだけでは剥がれてしまいますので、浸透させてから中まで固め、そのあとにくっつくものを塗るため、やはり下塗りが2回は必要だと判断される事があります。
    これは美観的な仕上がりにも関わってくる、5年後に「色褪せ」といった現象も起こりうる大事なポイントとなっております。
    費用的には下塗りが一回分増えてしまいますが、ここが重要なポイントとなってくるので、この費用を抑えての見積もりを出してくる業者なのか、お客様の住宅の事を考えての2回分の下塗りの見積もりを出してくれる業者なのかを見極めて頂きたいです。
    例えば、お隣さんでも、「下塗りを2回しなければいけない外壁」と「下塗りが一回でOKな外壁」ですと、下塗り1回分の費用が高くなってしまいます。

     

     

    モニター料金って本当にあるんでしょうか?

    費用相場を覆す「モニター料金」といったものも実際にはあるので、更に難しいですね。
    弊社ではモニター料金というのは行っておりませんが、健全な外壁塗装業を営んでいる会社さんであっても、「この住宅については、赤字でも良いので、このエリアで一旦一番最初に実績を作る」といった意味でモニター価格でご提供される会社もあるでしょう。
    ただし、訪問販売業者さんが提示してくる「モニター料金」というのは少々異なってくると思います。
    訪問販売業者さんは、営業に高額な費用をかけているため、更に赤字を出してまでそのエリアで実績を作るというメリットがありません。
    そのため、本当にその「モニター料金」が安かったらという話ですが、安い費用で行っていく工事の尻ぬぐいは、現場の職人さんに来てしまい、つまり「外壁塗装の質」にも関わってくるのです。
    塗料メーカーさんと親しい塗装業社さんは、「モニターで使ってください」とい事例が実際にはあります。
    お客様が納得しているなら、新商品で実績が無いというのはしょうがないですがとても良い話だと思います。
    もし私が相見積もりを出し、他社のモニター料金の見積もりを見たなら、「とてもラッキーです」と言います。
    もちろん悪質な「モニター料金」というのも見たらすぐにわかります。
    お客様から、「相談に乗って下さい。」「他社さんの見積もりを見て下さい。」とお願いされることが非常に多いため、何か気になる事があったらご相談頂くのが得策であると思います。
    見積書を見たらすぐにわかるので。
    「あ、ここはシッカリやっているんだな」
    「あ〜、ここは営業会社なんだ」 と。
    例えば、ある外壁塗装の会社から「モニター料金」で見積もりをしてもらった場合、私たちでも結構ですが、他社にその見積書を見てもらうことをおすすめします。
    どの部分が「モニター価格」になっているのかもプロが見たらすぐにわかるからです。

     

     

    塗り面積の「算出計算式」は有効か?

    事前にご自身の家の外壁の「塗り面積」を大よその床面積から下記の計算式で計算しているお客様もおります。
    【延坪 ✕ 3.3 ✕ 1.2 = 塗り面積】
    ※延坪というのは、建坪が30坪の場合、大よそ1階と2階で60坪なので、60を入れます。
    ※塗り面積というのは、外壁から窓等といった塗装をしない面積を除いた面積の事となります。
    この計算式では、大分近い数字まで塗り面積を出す事が出来ます。
    ですが、実際に我々が現場を見て計算する「塗り面積」とは、延べ床面積とか建坪とかは、実際は関係ありません。
    材料を頼むとき、きちんとした平米数分正確に頼まなければいけませんし、測定を誤ってしまって実際の塗り面積が広いと、塗料が足りなくなってしまいます。
    なので、シッカリと塗り面積を時間を作って測ってくれる業者が良いでしょう。

     

     

    外壁塗装の費用相場はやはり家それぞれ違う

    外壁塗装の費用相場というのはわたしたちプロから見ても非常に困難です。
    ですが、ひとつ抑えておかなければいけないことは、「金額に見合った工事」という部分が適正価格になってくると言う事です。
    どうしても「安くてかつ良い工事」というのはほぼ無理でしょう。
    ですが、例外であるのは悪徳業者と言われている人達で、150万円という高額な費用で、内容は80万円の工事といったこともあるため、費用が高いから質が良い工事になるとは限りません。
    見積が高額であっても、「施工方法がしっかりしている」かつ「材料が高額で高品質」といった事が最低条件で当てはまるなら、その価格がその家の適正価格であるということになります。
    なので、冒頭でもご紹介しましたが、お客様が納得した上での80万円前後の「安く塗って綺麗になる」という外壁塗装工事をされることももちろんおススメです。
    きちんと100万円〜120万円の費用を掛けた上で「家を守るグレード」の塗装をされることもまたおススメです。
    ただし、この間に費用相場が細かく分かれてきますので、そこは外壁塗装業者を比較する事がおすすめです。
    弊社もですが、この「外壁塗装の達人」には全国のなかでも評判が良い業者さんが数多く登録されています。
    心に決めた塗装会社が決まっていても決まっていなくても、一度複数の良い業者さんに見積もりをお願いすれば、また違った角度から費用や外壁塗装を見る事が出来ます。
    比較した上で、いろいろな業者さんからアドバイスをもらうこともできるのです。
    最後になりますが、お客様が非常に納得された上で外壁塗装を行うことができるよう、心より願っております。

更新履歴